海洋深層水は普通の水と何が違う?効能効果は?

海洋深層水とは、日の光が届かないほどの深海を流れている海水のことを言います。地球においての海は水深200mあたりを境として、表層と深層とに分かれています。この境界は深海の入り口と呼ばれていて、ここから下層に向けて水温が急激に下降していきます。海洋深層水は太陽光が届かない水深において植物の成長にかかせない硝酸塩・リン酸塩等の無機栄養塩類がそのままで豊富に含有されていて、菌の繁殖を抑えることが出来ることによる浄化性の高さを持っているため、断熱処理をした非常に冷たい海洋深層水は魚類飼育に適していると言われています。

また、生活排水・工業排水などによる河川汚染は海の表層のみが影響を受けているので、深層部分は化学物質汚染の心配はないと言われています。海洋深層水の特徴を一言で言うと、きれいで安全な水ということになります。
海洋深層水はまだ科学的に解明されていない有効成分もあるとされていて、研究開発がさらに進んでいる水です。

その含有成分は種類も量も多いミネラル・栄養素が豊富で、カリウム・カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・セレン・その他まだまだあげられます。これらだけでも人体においては生命維持に欠かせないミネラル成分です。医療分野や美容分野でも幅広くされていて、この海洋深層水をミネラルウォーター化(塩分除去)したものも気軽に手に入れることが出来ます。

現在判明している効能効果の代表的なものは、アトピー性皮膚炎の改善です。この治療にはさまざまものがあり、その中でタラソテラピー(海洋療法)というものがあります。これは自然の恵みを利用した自然派治癒法であり、肌への浸透率の高い海洋深層水を利用して肌細胞を活性化させ新陳代謝を促進するものです。アトピー性皮膚炎だけでなく、さまざまな肌トラブルに有効という研究結果が出ています。

また海洋深層水ミネラルウォーターを飲用し続けた場合の効果として、血流改善という研究データも出ています。血液サラサラ効果は、動脈硬化・高血圧の予防を始めとする生活習慣病対策に、冷え性・肩こり改善にと良いサイクルが生まれ貢献していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>